わたしたちはどんな医療が欲しいのか? 人間中心医療を取り戻すための提言とその理由


Share this...

Share this…

医療はどう変わるべきか ドイツ人医師からの提言
〈評者〉鹿島友義


Share this…

Share this…

わたしたちはどんな医療が欲しいのか?
人間中心医療を取り戻すための提言とその理由

M・デ・リッダー著
島田宗洋、W・R・アーデ訳
四六判・346頁・本体2600円+税・教文館
教文館AmazonBIBLE HOUSE書店一覧


Share this…

Share this…

 医療は文化であり、その国の歴史や伝統と切り離せないと思っていたが、ドイツでも心ある医師が私たち日本の医療従事者と同じような問題に苦しんでおられることを知った。
 本書の最終章は「真摯で人間的で将来性のある医療への七つの提言」となっており、これこそ著者が言いたかったことで本書執筆の動機でもあっただろうと思われる。本書の内容を短く伝えるためにこのうちのいくつかを上げて著者の主張を要約しつつ私見を述べたい。
 ⑴「医療に頼りすぎてはいけない」。近年、医療が技術偏重へ傾き、特に高齢者や終末期の患者が医療によってかえって不幸になることも多い。また著者は自分の心筋梗塞経験を踏まえながら先端医療よりも予防(生活習慣の是正)が重要であることを認識されたようだ。
 ⑵「医療費の公正な配分を」。医療費を国民がどう負担しどう配分すべきか。高度医療に過度の医療費が使われていることを憂慮し、もっと終末期医療をはじめとするケアに配分すべきと言われる。
 ⑶「医師には教養が不可欠」。「まえがき」でも「医療は医学的知識と科学的知識のつぎはぎでは上手くいきません。……『良い医師』は、同時に『教養がある医師』でなければならないのではないでしょうか」(23頁)と述べられている。この点についてわが国の状況はもっと悲惨である。医師のみでなくすべての専門職の高等教育でリベラル・アーツ(一般教養)の軽視が進行している。戦前は三年間の旧制高校があり、戦後も二年間の医学進学過程が設けられていた。しかし今や教えなければならない医学知識が膨大となり、教養学部を維持しているのは国立大学では東京大学だけとなった。地方大学のリベラル・アーツ教育の教員減は目に余る状態である。卒業後も国家試験、卒後研修、専門研修と小刻みのプログラム、試験の繰り返し。試験で問われるのはばらばらの知識である。文学、歴史、芸術も含めた教養は「良い医師」の必須条件であるにも拘らず、である。
 ⑷「患者にも自己責任」。先進医療、終末期医療で普及してきた自己決定権であるが、これは権利であるとともに患者の義務を伴うものでもある。
 本書は、ドイツの医師ミヒャエル・デ・リッダーの代表作『わたしたちはどんな死に方をしたいのか――高度先進医療時代における新たな死の文化の提言』(島田宗平/ヴォルフガング・R・アーデ訳、教文館、2016年)の続編と言えなくもない。しかしテーマも扱われている症例もまったく異なるので独立して読めるが、両者を併読していただくと著者や訳者の気持ちをよりよく理解できるだろう。ドイツ語からの翻訳とは思えない、軟らかく平易な日本語で読めることを訳者に感謝したい。
 原著も訳書も医学関連書としてではなく、一般書として発行されている。医療のあるべき姿を医療の提供者と受け手とで一緒に考えてほしいとの意向であろう。多くのキリスト者に読んでいただき、教会の中でも今後の医療について医療者と患者側の話し合いが盛んになることを期待したい。


Share this…

Share this...
書き手
鹿島友義

かしま・ともよし=国立病院機構九州循環器病センター名誉院長、鹿児島いのちの電話理事長

関連記事

  1. ミヒャエル・デ・リッダー著/ヴォルフガング・R・アーデ、島田宗洋訳 生命いのちとの別離おわかれ(長谷川(間瀬)恵美)

  2. 河野勇一著 人はどこから来て、どこへ行くのか?(山口希生)

  3. 神の言葉と契約 出エジプト記19章―24章の研究

  4. フロイド・ハウレット著/大倉一郎訳 教会教を越えて(小原克博)

  5. 絵本へのとびら

  6. 金子晴勇著 東西の霊性思想(片柳榮一)

書店に問い合わせる

  • 060-0807 北海道札幌市北区北七条西6丁目 北海道クリスチャンセンター内
  • ☎ 011-737-1721
  • FAX 011-747-5979
  • HP  http://www.jb-shop.com

  • 980-0012 宮城県仙台市青葉区錦町1-13-6東北教区センター・エマオ1F
  • ☎ 022-223-2736
  • FAX 022-223-2736
  • 260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-8-2 千葉クリスチャンセンタービル2F
  • ☎ 043-238-1224
  • FAX 043-247-3072
  • HP http://keisen.christian.jp
  • 169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18 アバコビル2F
  • ☎ 03-3203-4121
  • FAX 03-3203-4186
  • HP http://www.avaco.info
  • 104-0061 東京都中央区銀座4-5-1
  • ☎ 03-3567-1995
  • FAX 03-3567-4435
  • HP https://biblehouse.jp
  • TEL:03-3260-5663
  • FAX:03-3260-5637
  • 162-0814 東京都新宿区新小川町9-1
  • 951-8114 新潟県新潟市中央区営所通一番町313
  • ☎ 025-229-0656
  • FAX 025-229-0656
  • 530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町2-30 日本聖公会大阪聖パウロ教会1階
  • ☎ 06-6377-6026
  • FAX 06-6377-6027
  • HP http://osakacbs.web.fc2.com
  • 650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町3-9-18 三陽ビル2F
  • ☎ 078-331-7569
  • FAX 078-945-9388
  • 730-0841 広島県広島市中区舟入町12-7 広島バプテスト教会 教育館一階
  • ☎ 082-208-0022
  • FAX 082-208-0177
  • 779-1105 徳島県阿南市羽ノ浦町古庄大道ノ西13
  • ☎ 090-8694-4986
  • FAX 050-3142-3017
  • 790-0804 愛媛県松山市中一万町1-23
  • ☎ 089-921-5519
  • FAX 089-921-5413
  • 810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴2-7-7 九州キリスト教会館1F
  • ☎ 092-712-6123
  • FAX 092-781-5484
  • HP http://www.sinseikan.jp/
  • 802-0022 福岡県北九州市小倉北区上富野5-2-18 富野教会内
  • ☎ 093-967-0321
  • FAX 093-967-0321
Loading...

分類