[増補改訂版]パウロの生涯と神学


Share this...

Share this…

伝道者そして神学者としてのパウロ
〈評者〉廣石望


Share this…

Share this…

 本書は、東京神学大学名誉教授・特任教授、また山梨英和学院院長・同大学長である著者の同名著書(2003年)の増補改訂版である。前半が「パウロの生涯」そして後半が「パウロの神学」という構成は旧版のままである。「新たな神学的洞察は伝道を要請し、伝道はつねに新たな神学的営みを要求した」からである(「序」)。内容的には、後半に配置されたパウロの律法論が新しい。
 前半「パウロの生涯」では、迫害者から回心をへて使徒会議に至る時期がとくに重点的に叙述される。他方で計三回に亘る伝道旅行は、第二のそれ以外はとくにとり上げられない。とりわけ第三回伝道旅行は、残されたパウロ真正書簡のほとんどがその時期に由来するので、ここでこそ伝道と神学の緊密な結びつきを探求できたのではなかろうか。
 著者は、エルサレムでファリサイ主義に加わった青年パウロが、「十字架刑に処された神冒瀆者」イエスをメシアと告白するヘレニストたちを迫害したと推定するが(37頁以下)、穏健なファリサイ主義と暴力行使を正当化する過激思想は、それなりに区別されてよいだろう。また、パウロが「福音」概念の創始者であるという仮説に著者は好意的だが(45頁)、果たして新約諸文書における広がりをうまく説明できるだろうか。さらに、シナゴーグ礼拝に参加する「神を畏れる者たち」が最初の異邦人の宣教対象であると同時に、そこにはユダヤ人もいたと著者は正しく指摘するが(64頁以下)、最初の宣教地とされるナバテア人は「アブラハムの子孫」に当たり、本格的な異邦人伝道はむしろ「エルサレムから」(ロマ15・19)始まったかも知れない。故郷タルソスを宣教地に選んだ理由が、外典創世記にいうアブラハムに約束された土地範囲に関係するなら(79─80頁)、「すべての異邦人」への伝道はなお段階的に発展した可能性があろう。ところで、バルナバやシラスとの協働が、エルサレムとアンティオキアの二教会間のみならず、「全キリスト教会に義務づけられていた」絆であったという推定には(88頁以下他)、牧会者養成と教団指導に長年携わってきた著者の使命感のようなものが感じられた。
 後半「パウロの神学」は人間論、キリスト論、福音論(義認、律法、信仰)、サクラメント論(聖霊論)、共同体論、倫理からなる堂々たる新約神学的な叙述である。目指されているのは、パウロの伝道実践を要請した神学的洞察の再構成である。しかし逆の視点、すなわちどのような伝道上の課題がパウロに生じ、新しい神学的営みを要求したかは、伝統的に言われる律法主義と熱狂主義の二つのフロント以外には見えにくい。例えばエルサレムへの献金持参を目前に控えてコリントで執筆されたローマ書簡のパウロは、心は「西」に、しかし体は「東」に向いている。この引き裂かれたさまはどのような力学に由来し、それにパウロはどのような神学で答えたのか。
 それでも本書の真骨頂は丹念な釈義、そして総合にある。じっさいに聖書箇所を開きながら読むことで、読者は最良の仕方でパウロ神学への入門を果たすであろう。


Share this…

Share this…

[増補改訂版]パウロの生涯と神学
朴憲郁著
A5判・284頁・定価2750円・教文館
教文館AmazonBIBLE HOUSE書店一覧


Share this…

Share this...
書き手
廣石望

ひろいし・のぞむ=立教大学教授

関連記事

  1. 小川修パウロ書簡 講義録7 ガラテヤ書講義Ⅰ

  2. キリスト教思想史の諸時代Ⅱ アウグスティヌスの思想世界

  3. 十四歳からの読書ナビ

  4. 【出会い・本・人】物語る本をめぐる物語

  5. 謎解きの知恵文学 旧約聖書・「雅歌」に学ぶ

  6. 病と信仰 病を担うイエスと生きる

書店に問い合わせる

  • 060-0807 北海道札幌市北区北七条西6丁目 北海道クリスチャンセンター内
  • ☎ 011-737-1721
  • FAX 011-747-5979
  • HP  http://www.jb-shop.com

  • 980-0012 宮城県仙台市青葉区錦町1-13-6東北教区センター・エマオ1F
  • ☎ 022-223-2736
  • FAX 022-223-2736
  • 260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-8-2 千葉クリスチャンセンタービル2F
  • ☎ 043-238-1224
  • FAX 043-247-3072
  • HP http://keisen.christian.jp
  • 169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18 アバコビル2F
  • ☎ 03-3203-4121
  • FAX 03-3203-4186
  • HP http://www.avaco.info
  • 104-0061 東京都中央区銀座4-5-1
  • ☎ 03-3567-1995
  • FAX 03-3567-4435
  • HP https://biblehouse.jp
  • TEL:03-3260-5663
  • FAX:03-3260-5637
  • 162-0814 東京都新宿区新小川町9-1
  • 951-8114 新潟県新潟市中央区営所通一番町313
  • ☎ 025-229-0656
  • FAX 025-229-0656
  • 530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町2-30 日本聖公会大阪聖パウロ教会1階
  • ☎ 06-6377-6026
  • FAX 06-6377-6027
  • HP http://osakacbs.web.fc2.com
  • 650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町3-9-18 三陽ビル2F
  • ☎ 078-331-7569
  • FAX 078-945-9388
  • 730-0841 広島県広島市中区舟入町12-7 広島バプテスト教会 教育館一階
  • ☎ 082-208-0022
  • FAX 082-208-0177
  • 779-1105 徳島県阿南市羽ノ浦町古庄大道ノ西13
  • ☎ 090-8694-4986
  • FAX 050-3142-3017
  • 790-0804 愛媛県松山市中一万町1-23
  • ☎ 089-921-5519
  • FAX 089-921-5413
  • 810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴2-7-7 九州キリスト教会館1F
  • ☎ 092-712-6123
  • FAX 092-781-5484
  • HP http://www.sinseikan.jp/
  • 802-0022 福岡県北九州市小倉北区上富野5-2-18 富野教会内
  • ☎ 093-967-0321
  • FAX 093-967-0321
Loading...

分類