オリゲネス著/出村みや子訳 キリスト教教父著作集第10巻 オリゲネス5(津田謙治)

二─三世紀の護教論運動の頂点
〈評者〉津田謙治


キリスト教教父著作集 第10巻 オリゲネス5
ケルソス駁論Ⅲ

オリゲネス著
出村みや子訳
A5判・290頁・定価6490円・教文館
教文館AmazonBIBLE HOUSE書店一覧

 地中海各地に拡大するキリスト教に対し、異教の哲学者ケルソスは、この宗教の論駁を目的として一七〇年頃に『真正な教え』を著した。中期プラトン主義的な教養をもったケルソスは、哲学的思弁によってキリスト教の教説の非合理性を指摘するのみならず、作中にあるユダヤ人を登場させ、この人物にマリアを姦通者として語らせることでキリストの処女降誕を否定し、冒瀆的な議論を展開した。ケルソス没後の二四〇年代後半に、恐らくカエサリアでこの書の駁論を著したのがオリゲネスである。

 本書『オリゲネス5 ケルソス駁論Ⅲ』は、ギリシア語原著で全八巻ある『ケルソス駁論』のうち、第六巻から第八巻の翻訳を収録したものとなっている。尚、既に教文館から出版されている第一巻から第五巻まで(『ケルソス駁論Ⅰ』一九八七年、『ケルソス駁論Ⅱ』一九九七年)の翻訳と同様、訳者は出村みや子氏である。前巻の刊行から四半世紀を経て、古代の貴重な論争的著作が最後の巻まで日本語で読めるようになったことを、まずは大きな喜びとしたい。

 オリゲネスは聖書解釈や教義的な著作を数多く書いたとされるが、死後数百年を経て異端宣告を受けたため、限られた著作しか我々には残されていない。その中でも、初期の重要な著作『原理論』(『諸原理について』)などが各巻ごとにある程度明確な主題が据えられているのに対し、本書『ケルソス駁論』は各巻それぞれの議題は特に細分化されておらず、全巻を通じて統一的にケルソスの議論への反論が展開されている。しかし、ある程度の傾向性は指摘することは可能であり、例えば先に挙げた作中のあるユダヤ人に関する議論は『ケルソス駁論Ⅲ』の範囲ではあまり見られず、ここではケルソス自身の誤った聖書解釈や哲学的教説を彼の『真正な教え』をもとに吟味し、オリゲネスにとって適切と思われる解釈が反証として取り上げられている。具体的には、神が創造の七日目に仕事から離れたことを、ケルソスは下手な職人が疲れ切るように神が休みを必要としたと解するのに対し、オリゲネスは六日間働いたすべての人々が神と共に祝うことを主眼として提示している(六・六一)。また、ケルソスが「神はどうして悪しきものを創造するのか」と述べたのに対し、オリゲネスは言葉の本来的な意味での悪を神は創造しておらず、また便宜的に悪と呼ばれる物体的な悪については、神はこれらを通じて人々を回心に導くと説明する(六・五五─七)。尚、ケルソスの批判を取り上げる際に、プラトン主義やストア主義の考え方が頻繁に参照されており、オリゲネスはそれを一方的に切り捨てるのではなく、こうした教説に従って哲学的思考をしていると公言する者が「神を知りながら・・・・・感謝することもせず、かえってむなしい思いにふけり、心が鈍くなった」と指摘している(七・四七)。

 本書の訳文は、多種多様な諸哲学などの複雑な議論が含まれているにもかかわらず、既刊の部分も含めて読みやすく、ケッチャウの註釈やチャドウィックの英訳、ボレーの希仏対訳など複数の資料からいずれかに偏ることなく訳注が付けられている。オリゲネスの思想は、特に四世紀以降の教理史を辿るにあたって不可欠かつ重要なものであり、本書が広く読まれることを願うものである。

書き手
津田謙治

つだ・けんじ=京都大学大学院教授

関連記事

  1. 加藤常昭説教全集32 コリントの信徒への手紙一講話

  2. 湯浅八郎 述/田中文雄 編/国際基督教大学博物館湯浅八郎記念館 新装版編集 民芸の心〔新装和英版〕 (森本あんり)

  3. 黒人霊歌の即興性 Slave Songs of the United States(1867)を基に

  4. 【出会い・本・人】読人書─人を読む書

  5. 田中光著 新しいダビデと新しいモーセの待望(鎌野直人)

  6. 鈴木範久著 聖書語から日本語へ(加藤常昭)

書店に問い合わせる

  • 060-0807 北海道札幌市北区北七条西6丁目 北海道クリスチャンセンター内
  • ☎ 011-737-1721
  • FAX 011-747-5979
  • HP  http://www.jb-shop.com

  • 980-0012 宮城県仙台市青葉区錦町1-13-6東北教区センター・エマオ1F
  • ☎ 022-223-2736
  • FAX 022-223-2736
  • 260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-8-2 千葉クリスチャンセンタービル2F
  • ☎ 043-238-1224
  • FAX 043-247-3072
  • HP http://keisen.christian.jp
  • 169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18 アバコビル2F
  • ☎ 03-3203-4121
  • FAX 03-3203-4186
  • HP http://www.avaco.info
  • 104-0061 東京都中央区銀座4-5-1
  • ☎ 03-3567-1995
  • FAX 03-3567-4435
  • HP https://biblehouse.jp
  • TEL:03-3260-5663
  • FAX:03-3260-5637
  • 162-0814 東京都新宿区新小川町9-1
  • 951-8114 新潟県新潟市中央区営所通一番町313
  • ☎ 025-229-0656
  • FAX 025-229-0656
  • 530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町2-30 日本聖公会大阪聖パウロ教会1階
  • ☎ 06-6377-6026
  • FAX 06-6377-6027
  • HP http://osakacbs.web.fc2.com
  • 650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町3-9-18 三陽ビル2F
  • ☎ 078-331-7569
  • FAX 078-945-9388
  • 730-0841 広島県広島市中区舟入町12-7 広島バプテスト教会 教育館一階
  • ☎ 082-208-0022
  • FAX 082-208-0177
  • 779-1105 徳島県阿南市羽ノ浦町古庄大道ノ西13
  • ☎ 090-8694-4986
  • FAX 050-3142-3017
  • 790-0804 愛媛県松山市中一万町1-23
  • ☎ 089-921-5519
  • FAX 089-921-5413
  • 810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴2-7-7 九州キリスト教会館1F
  • ☎ 092-712-6123
  • FAX 092-781-5484
  • HP http://www.sinseikan.jp/
  • 802-0022 福岡県北九州市小倉北区上富野5-2-18 富野教会内
  • ☎ 093-967-0321
  • FAX 093-967-0321
Loading...

分類