鈴木範久著 聖書語から日本語へ(加藤常昭)

聖書の言葉で日本語が変わる
〈評者〉加藤常昭


聖書語から日本語へ
鈴木範久著
四六判・302頁・定価3300円・教文館

教文館AmazonBIBLE HOUSE書店一覧

 大きい書物ではないが面白い本である。表題にある「聖書語」というのは、著者の造語である。一般に受け入れられるようになるであろう日本で最初の聖書翻訳が刊行されて以来初めて日本語として知られるようになった言葉のことである。それまでに既に日本語にあったが聖書翻訳に用いられて以来、意味が変わってしまった大切な言葉もある。例えば「神」、「愛」などである。それらについては、すでに著者の論考もある。ここではそれと違って初めて聖書翻訳に用いられた言葉のことである。著者が繰り返し語ることであるが、日本におけるキリスト者の数は、殆ど無視されてしまうほど少数であるが、聖書の売れ行きは隠れたベストセラーと言われるほどよく売れるそうである。そのため聖書で用いられる言葉はキリスト教会の限定された専門用語にとどまらず、教会外でも広く用いられるようになる。必然的にそこで語られる事柄も教会外で用いられるようになる。つまり文学者や思想者の中で広く用いられるようになる。生まれたところは聖書であることなど忘れられる程に一般化する。このような文化現象は大変興味あるものであるが、それほど文化研究者の関心を惹くことではない。

 著者はすでに九〇歳の方であるが、長く立教大学で教鞭をとり、かたわら例えば内村鑑三の研究などと共にまさにこのような領域、つまり聖書翻訳の成り立ちやその言葉の読まれ方についても既に業績のある方である。その方がその蘊蓄を傾けて生み出したこの書物はとてもおもしろい。日本文化の営みに関心を持つ一般の方々にとっても面白い書物であるとともに日本伝道の責任を負う我々にとっても必読の書物である。例えば説教者にとっても必読の書であると考える。ただ一読するだけではなく、常時傍において何度も繰り返して読むと良いであろう。

 本をひらいてみよう。前書きに続いて本文に入る。辞典のように聖書語が列挙される。

 そこには「教会」、「洗礼」などのように当然と思われる聖書語もあるが、「パン」「兄弟」などのようにへぇと思われるような一般的と思われる用語もある。単語ではなく「一粒の麦」などのような、文字というよりもフレーズの類もいくつもある。ほぼ一〇〇例である。例えばパンの項目を開いてみよう。主イエスが語られた「人はパンのみで生きるのではない」との御言葉の翻訳などで初めて用いられた。それ以前の聖書の翻訳では「餅」の言葉で翻訳されたらしい。明治の時代になってはじめて日本人はこの用語に出会ったらしい。そこで著者は何人もの人々がその作文の中でこの「パン」という用語を用いている。例えば徳富蘆花に始まり漱石その他に及ぶ最後は加藤周一の『羊の歌』にまで及ぶ。あるいは「隣」の一項である。主イエスは隣人を愛するようにと言われた御言葉は、多くの人々の心を動かすこととなった。隣人愛という事柄が日本人の心を突き動かしたのである。そのことがここにおける西田哲学をはじめ太宰文学の核心にまで触れることになったことを数多くの引用から知ることができる。

 右の例から分かるように著者が引用する文献は広く各領域に及ぶ。日頃著者がどれだけ多くの文献に触れているか驚嘆に値する。それだけでも読んでいて楽しいし、こちらまで豊かにされる。私が思うに、今は日本文化とのこのような対話をする人が少なくなっている。日本の教会の為にも、教会外の世界にとっても残念なことであると思う。この書物が火付け役となってこうした日本文化と教会との関わりの関心が新しく向けられ、対話が進み研究が深められることを願う。面白い経験をさせて頂き、著者に感謝する。

書き手
加藤常昭

かとう・つねあき=日本基督教団隠退教師

関連記事

  1. スヴェトラーナ山崎ひとみ著 微笑みは永遠に(笹森田鶴)

  2. 小友聡 著 コヘレトと黙示思想 (並木浩一)

  3. 吉岡契典著 教会政治の神学 改革派の教会政治原理とは(大森講座35)(澤 正幸)

  4. ゼバスティアン・フランク 著/福原嘉一郎 訳/安酸敏眞 解説 パラドクサ (金子晴勇)

  5. 潮義男著 創世記講解 下(鎌野善三)

  6. 河野勇一著 人はどこから来て、どこへ行くのか?(山口希生)

書店に問い合わせる

  • 060-0807 北海道札幌市北区北七条西6丁目 北海道クリスチャンセンター内
  • ☎ 011-737-1721
  • FAX 011-747-5979
  • HP  http://www.jb-shop.com

  • 980-0012 宮城県仙台市青葉区錦町1-13-6東北教区センター・エマオ1F
  • ☎ 022-223-2736
  • FAX 022-223-2736
  • 260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-8-2 千葉クリスチャンセンタービル2F
  • ☎ 043-238-1224
  • FAX 043-247-3072
  • HP http://keisen.christian.jp
  • 169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18 アバコビル2F
  • ☎ 03-3203-4121
  • FAX 03-3203-4186
  • HP http://www.avaco.info
  • 104-0061 東京都中央区銀座4-5-1
  • ☎ 03-3567-1995
  • FAX 03-3567-4435
  • HP https://biblehouse.jp
  • TEL:03-3260-5663
  • FAX:03-3260-5637
  • 162-0814 東京都新宿区新小川町9-1
  • 951-8114 新潟県新潟市中央区営所通一番町313
  • ☎ 025-229-0656
  • FAX 025-229-0656
  • 530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町2-30 日本聖公会大阪聖パウロ教会1階
  • ☎ 06-6377-6026
  • FAX 06-6377-6027
  • HP http://osakacbs.web.fc2.com
  • 650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町3-9-18 三陽ビル2F
  • ☎ 078-331-7569
  • FAX 078-945-9388
  • 730-0841 広島県広島市中区舟入町12-7 広島バプテスト教会 教育館一階
  • ☎ 082-208-0022
  • FAX 082-208-0177
  • 779-1105 徳島県阿南市羽ノ浦町古庄大道ノ西13
  • ☎ 090-8694-4986
  • FAX 050-3142-3017
  • 790-0804 愛媛県松山市中一万町1-23
  • ☎ 089-921-5519
  • FAX 089-921-5413
  • 810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴2-7-7 九州キリスト教会館1F
  • ☎ 092-712-6123
  • FAX 092-781-5484
  • HP http://www.sinseikan.jp/
  • 802-0022 福岡県北九州市小倉北区上富野5-2-18 富野教会内
  • ☎ 093-967-0321
  • FAX 093-967-0321
Loading...

分類