N・T・ライト著/大宮 謙訳 N・T・ライト新約聖書講解 すべての人のためのマタイ福音書1 1─15章(大島 力)


Share this...

聖書学の最新の知見を踏まえた、心に響く小説教集
〈評者〉大島 力

N・T・ライト新約聖書講解
すべての人のためのマタイ福音書1 1─15章

N・T・ライト著
大宮 謙訳
四六判・336頁・定価3080円・教文館
教文館AmazonBIBLE HOUSE書店一覧

 N・T・ライトの『新約聖書講解』シリーズの第二回配本としてマタイ福音書の前半が翻訳・出版された。すでにライトの書物は、主著『キリスト教の起源と神の問題』の内『新約聖書と神の民』(上下巻)等が訳されている。「おそらく歴史上もっとも多くの読者を得た聖書学者」であると、このシリーズの日本語版刊行の言葉に記されているので、今後ともライトの著作は多く翻訳されていくであろう。
 N・T・ライトのこの聖書講解シリーズの意義は大きく二つあると思う。一つは、自らの新約聖書学者としての学問的な知見を常に踏まえて、講解がなされていることである。それは死海文書をはじめ、キリスト教が成立していくユダヤ社会の背景についてしばしば言及がなされていることに端的に示されている。もう一つは、例えば本書が扱っているマタイ福音書一─一五章の場合、五七のペリコペ(単元)に分けられ、それぞれが独立した小説教のように構成されていることである。従って、もしこのテキストの区切りに基づいて説教者が毎週、講解説教を試みるならば、ほぼ一年間に亘るものとなる。実際、その各単元の冒頭に記されている現代の日常生活の逸話などから、ライト自身が教会・学校等の礼拝で説教やメッセージを語ったことが明確に分かるのである。
 このことは二〇〇〇年前に由来する新約テキストと学問的誠実さをもって対話しつつ、そのテキストが現代社会の中で何を意味しているかを、豊かな想像力をもって紡ぎ出していることを意味している。その作業を新約聖書全巻に亘って行っているというのだから、脱帽するほかない。さらに、とりわけマタイ福音書は旧約聖書からの引用が重要な役割を果たしているので、旧約聖書から新約聖書への動きがよく分かるように語られている。その観点から二つの箇所を取り上げてみたい。
 「山上の説教」の冒頭(「幸い」の章句)は、「霊において貧しい者たちへの素晴らしい知らせです。天の王国はあなたがたのものです」という言葉で始まっている。そして、そのイエスの言葉は、飛行機のパイロットが音速を超える時に耳にする「爆発音」に譬えられている。すなわち、旧約聖書の民を導いてきた神は、イエスにおいてその「爆発音」に等しい新しいことを始めたのである。それは、申命記における「祝福と呪い」(二八章)の地平を突破する衝撃をイエスの時代の人々に与え、それは今も続いていると語られている。
 他方、マタイ特有のテキストである「毒麦(雑草)の譬え」(一三章二四─三五節)では、神の忍耐が語られ、天の王国は一気に到来するのではなく、植物の成長と同様にじっくりとした過程を経て完成することが述べられている。つまり神はその間、活動を休止しているのではなく、悪と戦い勝利しつつある。それゆえ、十字架と復活以後を生きる私たちは「太陽がすでに昇ったことを知っていて、今は昼間の最大の輝きを待っている早朝の人々のように」生きることができる、と結ばれている。単元ごとに心に響くメッセージを聞き取ることができる聖書講解である。


Share this...
書き手
大島力

おおしま・ちから=青山学院大学教授・大学宗教主任

関連記事

  1. 「原罪論」の形成と展開 キリスト教思想における人間観

  2. 金子晴勇著 キリスト教思想史の諸時代 Ⅴ(大島征二)

  3. 音楽と宣教と教会

  4. 渡辺英俊著/大倉一郎編 書き遺す神学へのメモ【増補版】(佐藤幹雄)

  5. 長谷川忠幸著 モーセの仰ぎ見るテムナーとは何か(大坂太郎)

  6. 中島耕二編/日本基督教団新栄教会タムソン書簡集編集委員会訳 タムソン書簡集(山ノ下恭二)

書店に問い合わせる

  • 060-0807 北海道札幌市北区北七条西6丁目 北海道クリスチャンセンター内
  • ☎ 011-737-1721
  • FAX 011-747-5979
  • HP  http://www.jb-shop.com

  • 980-0012 宮城県仙台市青葉区錦町1-13-6東北教区センター・エマオ1F
  • ☎ 022-223-2736
  • FAX 022-223-2736
  • 260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-8-2 千葉クリスチャンセンタービル2F
  • ☎ 043-238-1224
  • FAX 043-247-3072
  • HP http://keisen.christian.jp
  • 169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18 アバコビル2F
  • ☎ 03-3203-4121
  • FAX 03-3203-4186
  • HP http://www.avaco.info
  • 104-0061 東京都中央区銀座4-5-1
  • ☎ 03-3567-1995
  • FAX 03-3567-4435
  • HP https://biblehouse.jp
  • TEL:03-3260-5663
  • FAX:03-3260-5637
  • 162-0814 東京都新宿区新小川町9-1
  • 951-8114 新潟県新潟市中央区営所通一番町313
  • ☎ 025-229-0656
  • FAX 025-229-0656
  • 530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町2-30 日本聖公会大阪聖パウロ教会1階
  • ☎ 06-6377-6026
  • FAX 06-6377-6027
  • HP http://osakacbs.web.fc2.com
  • 650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町3-9-18 三陽ビル2F
  • ☎ 078-331-7569
  • FAX 078-945-9388
  • 730-0841 広島県広島市中区舟入町12-7 広島バプテスト教会 教育館一階
  • ☎ 082-208-0022
  • FAX 082-208-0177
  • 779-1105 徳島県阿南市羽ノ浦町古庄大道ノ西13
  • ☎ 090-8694-4986
  • FAX 050-3142-3017
  • 790-0804 愛媛県松山市中一万町1-23
  • ☎ 089-921-5519
  • FAX 089-921-5413
  • 810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴2-7-7 九州キリスト教会館1F
  • ☎ 092-712-6123
  • FAX 092-781-5484
  • HP http://www.sinseikan.jp/
  • 802-0022 福岡県北九州市小倉北区上富野5-2-18 富野教会内
  • ☎ 093-967-0321
  • FAX 093-967-0321
Loading...

分類