深田未来生、木村利人共著 ボクたちは軍国少年だった!(後宮敬爾)


Share this...

愛すべき永遠の少年たち
〈評者〉後宮敬爾

ボクたちは軍国少年だった!
平和を希求するふたりの自伝

深田未来生、木村利人共著
四六判・182頁・定価1870円・キリスト新聞社
教文館Amazon書店一覧

 本書は二人の「永遠の少年」のライフストーリーである。一人は同志社大学神学部から多くの牧会者を送り出した深田未来生。もう一人は、バイオエシックス(生命倫理)という分野を日本社会に創り出した木村利人。この二人には、多くの人を愛し、多くの人に愛されているという共通点がある。米寿を迎えてもなお少年らしい夢と反抗心を失わないその二人が、自身のライフストーリーを執筆した。
 このライフストーリーは、単なる自分史ではない。ここでいうライフとは、人生であり、生涯であり、生活であり、生き方である。それらから社会や文化や価値観を読み解く試みなのである。
 内容は、五章で構成されている。
 第一章では、深田未来生の人生と生涯が語られる。深田自身が「このような企画を進めて良いのか」と記すくらい正直に誠実に、苦々しい思い出も記されている。しかし深田を知る者は、その体験があの深田の包み込むような優しさをかんようしていったと気づくこととなる。
 第二章では、木村利人の人生と生涯が綴られている。どんな時にも前向きで笑顔を絶やさず、社会全体に大きな貢献をし続けてきた木村である。しかし、その原点は、やはり人間存在の根底が揺るがされるような体験だった。
 第三章には、二人の対談がまとめられている。ここで中心になっている概念は「責任」である。二人は少年時代に戦争を体験している。しかもそれは受け身として戦争を体験したのではなく、書名にあるようにむしろ積極的に戦争に加担する「軍国少年」だったのだ。そのことを振り返りながら「子どもなりの責任の取り方があるのでは」ということを自らに問う。そして、その問いは、「あなたは、今、社会の中で、そして教会の中で、自分の責任を果たしているのか」と私たちにも問う内容になっている。
 第四章と第五章は深田と木村による本書のエピローグである。深田は、自分という人間の成長を支えてきたものは、心を砕く多くの人との出会いと交わりであったと語る。縦の序列ではなく上下のない円形の人間関係によって「うまく生きるより共に良く生きる」事を勧めている。
 木村は、敗戦後の「新憲法」との出会いを詳細に語る。戦争の愚かさを痛感した木村にとって、「戦争の放棄」「民主主義」を中心とした新憲法こそが、日本のみならず世界が良いものへと変化するための「希望」なのである。
 そして、この二人のもっとも大きな共通点は「信仰」である。二人ライフが崩壊するような危機を救ったのは神であり、その神によって備えられていた人々との出会いであった。そして、その経験は二人の神の愛に対する強固な信頼となっていく。深田はそれを西陣織の「横糸と縦糸」の織り合いと表現し、木村はそれを「摂理」と表現する。本書を読み進めていく内に、二人のライフストーリーに伴っていた神の愛が浮かび上がってくるのだ。
 これからの時代はいくつも未知の壁を越えるような生き方をしていかなければならないのだろう。「隔ての壁」(エフェソ二章四節)を越えるために、どのような視座と信仰が求められるのかを学べる良書である。


Share this...
書き手
後宮敬爾

うしろく・よしや=日本基督教団霊南坂教会牧師

関連記事

  1. 言葉を歌う グレゴリオ聖歌セミオロジーとリズム解釈

  2. 鎌野善三著 チャレンジ!聖書通読(佐藤司郎)

  3. 花子とアン 村岡花子の甲府時代

  4. 金子晴勇著 キリスト教思想史の諸時代 Ⅴ(大島征二)

  5. 聖なる神の聖なる民ーレビ記

  6. ヒロインたちの聖書ものがたり キリスト教は女性をどう語ってきたか

書店に問い合わせる

  • 060-0807 北海道札幌市北区北七条西6丁目 北海道クリスチャンセンター内
  • ☎ 011-737-1721
  • FAX 011-747-5979
  • HP  http://www.jb-shop.com

  • 980-0012 宮城県仙台市青葉区錦町1-13-6東北教区センター・エマオ1F
  • ☎ 022-223-2736
  • FAX 022-223-2736
  • 260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-8-2 千葉クリスチャンセンタービル2F
  • ☎ 043-238-1224
  • FAX 043-247-3072
  • HP http://keisen.christian.jp
  • 169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18 アバコビル2F
  • ☎ 03-3203-4121
  • FAX 03-3203-4186
  • HP http://www.avaco.info
  • 104-0061 東京都中央区銀座4-5-1
  • ☎ 03-3567-1995
  • FAX 03-3567-4435
  • HP https://biblehouse.jp
  • TEL:03-3260-5663
  • FAX:03-3260-5637
  • 162-0814 東京都新宿区新小川町9-1
  • 951-8114 新潟県新潟市中央区営所通一番町313
  • ☎ 025-229-0656
  • FAX 025-229-0656
  • 530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町2-30 日本聖公会大阪聖パウロ教会1階
  • ☎ 06-6377-6026
  • FAX 06-6377-6027
  • HP http://osakacbs.web.fc2.com
  • 650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町3-9-18 三陽ビル2F
  • ☎ 078-331-7569
  • FAX 078-945-9388
  • 730-0841 広島県広島市中区舟入町12-7 広島バプテスト教会 教育館一階
  • ☎ 082-208-0022
  • FAX 082-208-0177
  • 779-1105 徳島県阿南市羽ノ浦町古庄大道ノ西13
  • ☎ 090-8694-4986
  • FAX 050-3142-3017
  • 790-0804 愛媛県松山市中一万町1-23
  • ☎ 089-921-5519
  • FAX 089-921-5413
  • 810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴2-7-7 九州キリスト教会館1F
  • ☎ 092-712-6123
  • FAX 092-781-5484
  • HP http://www.sinseikan.jp/
  • 802-0022 福岡県北九州市小倉北区上富野5-2-18 富野教会内
  • ☎ 093-967-0321
  • FAX 093-967-0321
Loading...

分類