渡辺英俊著/大倉一郎編 書き遺す神学へのメモ【増補版】(佐藤幹雄)


Share this...

すべては「イエス運動の実相」から
〈評者〉佐藤幹雄

書き遺す神学へのメモ
─贖罪・文化・歴史・老いる─【増補版】

渡辺英俊著
大倉一郎編
四六判・142頁・定価1100円・ラキネット出版
教文館AmazonBIBLE HOUSE書店一覧

 本書は、神学的思索の遺言と告白して記された著者の論考である。「Ⅰ贖罪」「Ⅱ文化」「Ⅲ歴史」「Ⅳ老い」の四部からなっているが、本論に入ってすぐ、著者はこう述べている。
 「自分の神学の営みにおいて、私が関心の中心に置いてきたのは、『史的イエス』と『贖罪論』であった。牧師としての活動においても、神学的にはこの二つが楕円の焦点のようになって動いてきた。」(「Ⅰ贖罪」の冒頭)
 このように、著者は、自分の思考・行動を生み出す場を楕円に例えて、「史的イエス」と「贖罪論」を、その楕円の二つの焦点であると言う。それほどに分けることが困難だというわけだが、実際には、著者が理解したイエス運動の実相から、「贖罪論」を捉え直してきたことが読み取れる。
 また、それに続く「Ⅱ文化」も「Ⅲ歴史」も、「Ⅰ贖罪」で論じてきたことを、別の切り口で論じたものと言えよう。すなわち、著者は、「Ⅱ文化」において、Ⅰで論じてきた「罪」を、神話の中の抽象化された罪観念から引きはがして、現実の社会・歴史の中での具体的かつ根源的な罪の実相として示している。また、「Ⅲ歴史」においても、「教会史=世俗史と切り離した救済史」と考えて現実世界の歴史への責任・関与を放棄してきた教会の在り方を批判しつつ、世界の歴史を神の働く場として、また、私達をその神と共に働く者として意味づけるのである。
 さて、著者は、フィリピンで解放の神学に触れた体験から、社会の最下層に置かれた人々の視点で聖書を読み返す作業をしている。そして、そこで見えてきたものが、土地(富)を奪い、囲い込む(貯め込む)ことを当然とする獰猛な「文化」が、奪ったり貯め込んだりしない本来的で優しい「文化」を踏みにじってきた「歴史」である。そこで、著者は、その獰猛な「文化」に支配されている現実を「(原)罪」として示し、イエスの運動を、その中で貧しくされた人々を解放する活動として捉えるのである。
 著者の姿勢は、イエスやその後のキリスト教会の在りようをどう捉えるかにおいて一貫している。すなわち、著者は、神話的・救済史的なものを排して、現実の歴史の中を生きたイエスを提示するのである。著者は、そのようにして受け止めたイエス運動の実相やその後の歴史を踏まえて、神話や護教論から導き出されたものとは全く違う新しい「贖罪論」「宣教論」「終末論」を提示するのである。
 著者は、聖書学に憧憬が深く、その研究者と言ってもよい方だが、やはり、それ以上に「牧師」「運動家」であると思わされる。著者は、史的イエス研究の「蓋然性」という言葉に身を隠すことなく、解放の神学という「低み」の視点から捉えたイエスの姿を確かなものとして受け止め、そこに立つという「決断」をして、そこを足掛かりに「運動」へと展開しているように思えるからである。著者が「書き遺す」と決めた内容と志は、そこにあるのではないだろうか。多くの人に、とりわけ、牧師として現場に立ちつつ思索する人には、ぜひ読んでいただきたい書物である。
 ちなみに、この著作は、三つの「論考」のあとに、著者自身の「老い」を語る「エッセイ」が続くが、私には、それについて「論評」できる力がない。そこで、三つの「論考」についてのみ、考えたことを述べさせていただいた。


Share this...
書き手
佐藤幹雄

さとう・みきお=日本キリスト教団岩見沢教会牧師

関連記事

  1. 袴田康裕訳 ウェストミンスター大教理問答(朝岡 勝)

  2. 荒れ地に咲く花 生きること愛すること

  3. 瀧口俊子、大村哲夫、和田 信 編著 共に生きるスピリチュアルケア(柏木哲夫)

  4. 並木浩一 著 『ヨブ記注解』  (及川 信)

  5. 病と信仰 病を担うイエスと生きる

  6. ここが変わった!「聖書協会共同訳」新約編

書店に問い合わせる

  • 060-0807 北海道札幌市北区北七条西6丁目 北海道クリスチャンセンター内
  • ☎ 011-737-1721
  • FAX 011-747-5979
  • HP  http://www.jb-shop.com

  • 980-0012 宮城県仙台市青葉区錦町1-13-6東北教区センター・エマオ1F
  • ☎ 022-223-2736
  • FAX 022-223-2736
  • 260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-8-2 千葉クリスチャンセンタービル2F
  • ☎ 043-238-1224
  • FAX 043-247-3072
  • HP http://keisen.christian.jp
  • 169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18 アバコビル2F
  • ☎ 03-3203-4121
  • FAX 03-3203-4186
  • HP http://www.avaco.info
  • 104-0061 東京都中央区銀座4-5-1
  • ☎ 03-3567-1995
  • FAX 03-3567-4435
  • HP https://biblehouse.jp
  • TEL:03-3260-5663
  • FAX:03-3260-5637
  • 162-0814 東京都新宿区新小川町9-1
  • 951-8114 新潟県新潟市中央区営所通一番町313
  • ☎ 025-229-0656
  • FAX 025-229-0656
  • 530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町2-30 日本聖公会大阪聖パウロ教会1階
  • ☎ 06-6377-6026
  • FAX 06-6377-6027
  • HP http://osakacbs.web.fc2.com
  • 650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町3-9-18 三陽ビル2F
  • ☎ 078-331-7569
  • FAX 078-945-9388
  • 730-0841 広島県広島市中区舟入町12-7 広島バプテスト教会 教育館一階
  • ☎ 082-208-0022
  • FAX 082-208-0177
  • 779-1105 徳島県阿南市羽ノ浦町古庄大道ノ西13
  • ☎ 090-8694-4986
  • FAX 050-3142-3017
  • 790-0804 愛媛県松山市中一万町1-23
  • ☎ 089-921-5519
  • FAX 089-921-5413
  • 810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴2-7-7 九州キリスト教会館1F
  • ☎ 092-712-6123
  • FAX 092-781-5484
  • HP http://www.sinseikan.jp/
  • 802-0022 福岡県北九州市小倉北区上富野5-2-18 富野教会内
  • ☎ 093-967-0321
  • FAX 093-967-0321
Loading...

分類