アウグスティヌス著作集 第19/Ⅱ 詩編注解(4)


Share this...

Share this…

詩編を愛した教父の肉声を伝える説教
〈評者〉加藤武


Share this…

Share this…

アウグスティヌス著作集 第19/Ⅱ 詩編注解(4)
アウグスティヌス著
荒井洋一、出村和彦、金子晴勇、田子多津子訳
A5判・814頁・定価10450円(税込)・教文館
教文館AmazonBIBLE HOUSE書店一覧


Share this…

Share this…

 アウグスティヌスは詩編が大好きでした。詩編について、彼はこのように述べています。「この森の中には鹿も住んでいて、森の中に深くはいってゆき、憩い、歩きまわったり、草を喰んだり、ね転んだり、嚙みなおしたりしています」(山田晶訳『告白Ⅲ』中公文庫、二〇一四年、一〇─一一頁)。この森とは詩編のことです。
『詩編注解4』は、彼の最大規模の著作Enarrationes in Psalmos の邦訳四分冊目で、七六編から一〇〇編までの注解ないしは説教を収めています。今回はその中から、詩編七六編と八〇編を取り上げてみましょう。

 その1 詩編七六編二節
 では、詩編七六編二節をご一緒に見てゆきましょう。表札にあたる表題の「エドトン」という語は、《彼らを飛び超えて行く人》のことだといいます。エドトンは言います。
「わたしの声によってわたしは主に向かって叫んだ。そしてわたしの声は神へと向かう」「あなたが神を通して他のものを探し求めないときに、神はあなたへと向かう。……彼らは主へと向かって叫ぶことをやめなかった」(以上一九頁)。ここでは、《叫ぶ》と《主を内へと呼び入れる》と違いがあることに、慧眼な訳者の荒井洋一氏は注目しています(註6参照)。

 その2 詩編八〇編一節
 次に、詩編八〇編は次のような表題を持っています。「(ぶどうの)圧搾機のために」。ここでは、二つの詩編の主想を見出し、字義通りでなく、「現在働きをなしている教会の神秘として受け取りなさい」(以下一四七頁)と言っています。でも早合点は禁物、《圧搾機》と付け加えているのです。その先で言います。「油は濾されて樽の中へと注ぎこむ。油かすは公然と街路を通って流れ去る。……はたして円形劇場での狂気乱舞といえどもこの光景に比較されるべきものだろうか。あの狂喜乱舞は油かすに属し、この光景は油に属する」と対象法を用いて言います。アウグスティヌスはこの「大いなる光景」に目を輝かせて見入っているのです。一つの映像がもう一つの映像を喚起します。
これは論理的な類比でなくて、プルーストの作品の或る箇所を思わせる映像的な類比です。

 その3 説教という即興演奏
これらアウグスティヌスの詩編の《注解》の仕方は、大学の講義のように教師がノートを読むにつれて学生が筆記するという形式ではなくて、北アフリカの大都市ヒッポやカルタゴ、またロバに乗って辺境の地を巡る旅の途中で、伝道のために立ち寄った会堂での《セルモー》、つまりオーラルな話であったことに目を向けましょう。そこでは、語る司祭や司教は司教座の椅子に座り、会衆は全員立っています! ときには話が二時間も続いて疲れたり、ときには難解だったりすると、会衆がガヤガヤ騒ぎ出すことがよくありました。すると、「インテンデ!(シーッ、ご注意を!)」という制止の語詞が飛び出すのです。彼の説教は、あらかじめ下調べをしてワープロで作って印刷しておいた原稿を読むのでなく、前巻(『詩編注解3』七二七頁)で水落健治氏の言う《自由自在な即興》なのです。「そのとき上から与えられる」という信頼にもとづいて。


Share this…

Share this...
書き手
加藤武

かとう・たけし=立教大学名誉教授

関連記事

  1. カルヴァンの詩編の神学

  2. ここが変わった!「聖書協会共同訳」新約編

  3. キリスト教ビギナーズ キリスト教から生きる意味を学ぶ

  4. 言葉を歌う グレゴリオ聖歌セミオロジーとリズム解釈

  5. 苦しみと悪を神学する 神義論入門

  6. 竹本修三、木村護郎クリストフ著/日本クリスチャンアカデミー編 脱原発の必然性とエネルギー転換の可能性(久保文彦)

書店に問い合わせる

  • 060-0807 北海道札幌市北区北七条西6丁目 北海道クリスチャンセンター内
  • ☎ 011-737-1721
  • FAX 011-747-5979
  • HP  http://www.jb-shop.com

  • 980-0012 宮城県仙台市青葉区錦町1-13-6東北教区センター・エマオ1F
  • ☎ 022-223-2736
  • FAX 022-223-2736
  • 260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-8-2 千葉クリスチャンセンタービル2F
  • ☎ 043-238-1224
  • FAX 043-247-3072
  • HP http://keisen.christian.jp
  • 169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18 アバコビル2F
  • ☎ 03-3203-4121
  • FAX 03-3203-4186
  • HP http://www.avaco.info
  • 104-0061 東京都中央区銀座4-5-1
  • ☎ 03-3567-1995
  • FAX 03-3567-4435
  • HP https://biblehouse.jp
  • TEL:03-3260-5663
  • FAX:03-3260-5637
  • 162-0814 東京都新宿区新小川町9-1
  • 951-8114 新潟県新潟市中央区営所通一番町313
  • ☎ 025-229-0656
  • FAX 025-229-0656
  • 530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町2-30 日本聖公会大阪聖パウロ教会1階
  • ☎ 06-6377-6026
  • FAX 06-6377-6027
  • HP http://osakacbs.web.fc2.com
  • 650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町3-9-18 三陽ビル2F
  • ☎ 078-331-7569
  • FAX 078-945-9388
  • 730-0841 広島県広島市中区舟入町12-7 広島バプテスト教会 教育館一階
  • ☎ 082-208-0022
  • FAX 082-208-0177
  • 779-1105 徳島県阿南市羽ノ浦町古庄大道ノ西13
  • ☎ 090-8694-4986
  • FAX 050-3142-3017
  • 790-0804 愛媛県松山市中一万町1-23
  • ☎ 089-921-5519
  • FAX 089-921-5413
  • 810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴2-7-7 九州キリスト教会館1F
  • ☎ 092-712-6123
  • FAX 092-781-5484
  • HP http://www.sinseikan.jp/
  • 802-0022 福岡県北九州市小倉北区上富野5-2-18 富野教会内
  • ☎ 093-967-0321
  • FAX 093-967-0321
Loading...

分類