吉岡容子著 少女の命・女性の命、嵐の中から新たな命(深澤奨)

気っ風のいい話し言葉が柔らかく刺さる
〈評者〉深澤 奨


少女の命・女性の命、
嵐の中から新たな命

吉岡容子著
新書判・192頁・定価1210円・ヨベル

教文館AmazonBIBLE HOUSE書店一覧

 なんだろう、このすがすがしい読後感。一編読む毎に、胸の中にわだかまっていた聖書へのモヤモヤ感が少しずつ解きほぐされていくような、教科書通りの教理や解釈への疑問や不満に市民権が与えられていくような、そんな爽快感を覚える説教集でした。僕がずっと言いたかったのにうまく言えなかったこと。勇気がなくて言えなかったこと。反論に身構えてガチガチの言い方しかできなかったこと。それを何の恐れもてらいもなく、肩を怒らすこともなく、飾らない言葉で言ってのける。そんな吉岡さんを、一時期同じ佐世保の町で教派は違えど同志の仲間として歩ませてもらった僕は、とてもうらやましく思います。
 「神から賜る家族の痛み」は、ルカ二章「神殿での少年イエス」を扱った説教。いわゆる「聖家族」について論ずるのですが、のっけからこの言いようです。
 私は今日、「聖」だなんて冗談にも悪ふざけが過ぎる、と言いたい。「聖」なんぞという思い込みを誘う形容がいかに大間違いか、それをきちんと思い起こすのが今日の説教の主題です。
 イエスを神棚に祀り上げ、「聖」なる装いで飾り立てることでは決して見えてこない福音を、こうして吉岡さんはとてもうまく垣間見せてくれています。

 「見えざるホスト、その宴」は、ヨハネ二章「カナの婚宴」を扱います。吉岡さんは九節の「このぶどう酒がどこから来たのか、水をくんだ召使いたちは知っていたが…」という一文を指して言います。
 神の業を目撃したのは、下僕(召使いたち)です、と。この一行こそが一番大事なのです。これがなかったら…
 この物語で一番大事なのはここだ、というこの気っ風のいい断言。すてきです。しかもそのぜんぜん教科書通りではないところが。下僕たちに専ら焦点を当ててこの物語を読む、ということを僕は思いつきませんでした。
 この説教集の通奏低音はやはりフェミニストの視点。そこは、悔しいけれど自称フェミニストの僕には追いつけません。やっぱ男だから。説教集のタイトルでもある「少女の命・女性の命、嵐の中から新たな命」では、マルコ五章の「会堂長の娘と長血の女」の物語が、女の視点で鮮やかに語られ、そこにはこれまでの読みや日本語訳聖書への「異議申し立て」が溢れています。そして説教のラスト三行。
 他ならぬイエスの私への私たちへのことば、「ホラ!起きろ! 歩け、私と共に歩くんだ」。なぜなら、この後イエスご自身が、暗い墓の中でその声を聴くハメになったのですから。「ほら、起きろ、歩け、もう三日目だぞ、いつまでも寝ているんじゃない」と……
 こんな説教の終わり方を僕もしてみたいなあ。
 最後に、この説教集の大きな魅力は、吉岡さんの普段通りの話し言葉による説教だということです。けっこう独断的で挑戦的な、しかし学問的にもしっかりした水準を備えた説教が、少しも嫌みに聞こえないのはその口調の柔らかさ、自然さにあります。その説教の聴衆・読者が、最初の伝道者となったサマリアの女に対して男たちが言い放ったような失礼極まりない言葉を口にしないよう願うばかりです。「我々が信じるのは、もはやあなたのおしゃべりによってではなく、我々自身が聞いて、この方こそ本当に世の救い主であると知ったからなのだよ。(ヨハネ四章四二節・拙訳)」。でも言いそうだよなあ、まだまだ。

書き手
深澤奨

ふかさわ・しょう=日本基督教団佐世保教会牧師

関連記事

  1. スヴェトラーナ山崎ひとみ著 微笑みは永遠に(笹森田鶴)

  2. H・ナウエン、W・ガフニー著/原みち子訳/木原活信解説 老い(橋谷英徳)

  3. キリスト教思想史の諸時代Ⅰ ヨーロッパ精神の源流

  4. 及川信 著 わたしが十字架になります (久松英二)

  5. 旧約聖書の物語解釈

    旧約聖書の物語解釈

  6. 日韓キリスト教関係史資料Ⅲ1945―2010

書店に問い合わせる

  • 060-0807 北海道札幌市北区北七条西6丁目 北海道クリスチャンセンター内
  • ☎ 011-737-1721
  • FAX 011-747-5979
  • HP  http://www.jb-shop.com

  • 980-0012 宮城県仙台市青葉区錦町1-13-6東北教区センター・エマオ1F
  • ☎ 022-223-2736
  • FAX 022-223-2736
  • 260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-8-2 千葉クリスチャンセンタービル2F
  • ☎ 043-238-1224
  • FAX 043-247-3072
  • HP http://keisen.christian.jp
  • 169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18 アバコビル2F
  • ☎ 03-3203-4121
  • FAX 03-3203-4186
  • HP http://www.avaco.info
  • 104-0061 東京都中央区銀座4-5-1
  • ☎ 03-3567-1995
  • FAX 03-3567-4435
  • HP https://biblehouse.jp
  • TEL:03-3260-5663
  • FAX:03-3260-5637
  • 162-0814 東京都新宿区新小川町9-1
  • 951-8114 新潟県新潟市中央区営所通一番町313
  • ☎ 025-229-0656
  • FAX 025-229-0656
  • 530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町2-30 日本聖公会大阪聖パウロ教会1階
  • ☎ 06-6377-6026
  • FAX 06-6377-6027
  • HP http://osakacbs.web.fc2.com
  • 650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町3-9-18 三陽ビル2F
  • ☎ 078-331-7569
  • FAX 078-945-9388
  • 730-0841 広島県広島市中区舟入町12-7 広島バプテスト教会 教育館一階
  • ☎ 082-208-0022
  • FAX 082-208-0177
  • 779-1105 徳島県阿南市羽ノ浦町古庄大道ノ西13
  • ☎ 090-8694-4986
  • FAX 050-3142-3017
  • 790-0804 愛媛県松山市中一万町1-23
  • ☎ 089-921-5519
  • FAX 089-921-5413
  • 810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴2-7-7 九州キリスト教会館1F
  • ☎ 092-712-6123
  • FAX 092-781-5484
  • HP http://www.sinseikan.jp/
  • 802-0022 福岡県北九州市小倉北区上富野5-2-18 富野教会内
  • ☎ 093-967-0321
  • FAX 093-967-0321
Loading...

分類