聖なる神の聖なる民ーレビ記


Share this...

Share this…

忙しい一般庶民のためのレビ記入門
〈評者〉手島勲矢


Share this…

Share this…

 『レビ記』は、モーセ5書の三番目の本で、祭司自身が執り行うべき様々な犠牲の定めや、イスラエルの民が守るべき戒めが細かく述べられている。福音とは真逆の厳しい律法の世界を、『神の物語』(ロダール著)の翻訳で知られる大頭眞一が、日曜礼拝で読み解くとどうなるのか? 意外にも、レビ記本文の塊が各章の冒頭に正面から引用され、真面目に聖書の言葉そのものと向き合うことになる。しかし、「神に会うために」「神に近づくために」他の平易な見出しのおかげで、なぜ罪を犯したアロンが祭壇に近づくのか等、レビ記のエッセンスが、著者の率直な人柄が滲み出す語り口を通して、最初からすんなりと心に入ってくる。
 実は、レビ記の冒頭一章二節に出てくる、ヘブライ語「コルバン(供物)」という名詞は、「近づく」という意味の語根から派生した言葉であり、「供物を捧げる」という動詞(ヒクリーブ)も語根「近づく」の使役動詞の形を取る。つまり、供物を捧げるという行為は、人は自分では神に近づくことができないので、自分たちの身代わりとして何かを神に近づけようとする代替行為とも理解できるのである。
 ちなみにレビ記一章二節の「アダム・キー・ヤクリーブ・ミケム・コルバン・ラドナイ」は、文構造上、二人称の「ミケム(あなた方の中より)」の役割が不明なために、「キー・ヤクリーブ(供物を捧げる)」の主語である三人称「アダム(人)」を修飾する語と理解して、「あなた方の中で誰かが主に捧げ物を捧げるときは…」等と訳される。
 しかし二人称「ミケム」は、「コルバン(主の供物)」を修飾していると取ることも可能である。すると、「人が、あなた方の中から主のためのお供えを(選んで)するときは…」という含意が生まれ、つまり犠牲となる動物たち牛や羊は「自分たちの中から出すべきお供え」の代わりに捧
げられ、その動物の流される犠牲の血のゆえに神に近づくという話になる。
 現代人にとって、この様な、近づくために血の犠牲が求められる「聖なるもの」という概念は、よく分からない、むしろ反発したくなる価値観ではある。それでも、なぜか人は神に近づこうとする? ことについては、隠された祭司の役割があるのだろう。
 ユダヤ教ではレビ記を「祭司のトーラー」と呼ぶが、「主語は神様。動機は愛」と著者が繰り返し言うときに、確かに、著者は聖職者であり、俗世の塵の中で生きる一人として自らの弱さを晒しながらも、その神への「恐れ」の向こうには大きな神の「愛」があることを訴える。その様は、聖所に入るとき、大祭司は一番傷つきやすい部分「心臓」の上でイスラエルの子らの名前を背負うべし(出エジプト28・29)という大祭司の胸当ての様を想起させる。「聖者って、清い、っていうよりか、はみ出すほどに激しく愛しちゃう人」、帯の文字のジャブも心に染みる。本書は、まさに忙しい一般庶民のためのレビ記入門でもある。


Share this…

Share this…

聖なる神の聖なる民-レビ記
大頭眞一著
新書判・192頁・定価1210円・ヨベル
教文館AmazonBIBLE HOUSE書店一覧


Share this…

Share this...
書き手
手島勲矢

てしま・いざや=大阪大学COデザインセンター招聘教授

関連記事

  1. 神の恵みの水路 現代に問いかける「ローマの信徒への手紙」

  2. 渡辺英俊著/大倉一郎編 書き遺す神学へのメモ【増補版】(佐藤幹雄)

  3. 川上直哉訳著  P・T・フォーサイス 活けるキリスト(大頭眞一)

  4. 吉田裕子著 海のかなたに行き着こうとも、そこに(辻 哲子)

  5. 金子晴勇著 キリスト教思想史の諸時代Ⅳ エラスムスと教養世界(濱 和弘)

  6. 山口雅弘著  ガリラヤに生きたイエス(清水和恵)

書店に問い合わせる

  • 060-0807 北海道札幌市北区北七条西6丁目 北海道クリスチャンセンター内
  • ☎ 011-737-1721
  • FAX 011-747-5979
  • HP  http://www.jb-shop.com

  • 980-0012 宮城県仙台市青葉区錦町1-13-6東北教区センター・エマオ1F
  • ☎ 022-223-2736
  • FAX 022-223-2736
  • 260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-8-2 千葉クリスチャンセンタービル2F
  • ☎ 043-238-1224
  • FAX 043-247-3072
  • HP http://keisen.christian.jp
  • 169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18 アバコビル2F
  • ☎ 03-3203-4121
  • FAX 03-3203-4186
  • HP http://www.avaco.info
  • 104-0061 東京都中央区銀座4-5-1
  • ☎ 03-3567-1995
  • FAX 03-3567-4435
  • HP https://biblehouse.jp
  • TEL:03-3260-5663
  • FAX:03-3260-5637
  • 162-0814 東京都新宿区新小川町9-1
  • 951-8114 新潟県新潟市中央区営所通一番町313
  • ☎ 025-229-0656
  • FAX 025-229-0656
  • 530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町2-30 日本聖公会大阪聖パウロ教会1階
  • ☎ 06-6377-6026
  • FAX 06-6377-6027
  • HP http://osakacbs.web.fc2.com
  • 650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町3-9-18 三陽ビル2F
  • ☎ 078-331-7569
  • FAX 078-945-9388
  • 730-0841 広島県広島市中区舟入町12-7 広島バプテスト教会 教育館一階
  • ☎ 082-208-0022
  • FAX 082-208-0177
  • 779-1105 徳島県阿南市羽ノ浦町古庄大道ノ西13
  • ☎ 090-8694-4986
  • FAX 050-3142-3017
  • 790-0804 愛媛県松山市中一万町1-23
  • ☎ 089-921-5519
  • FAX 089-921-5413
  • 810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴2-7-7 九州キリスト教会館1F
  • ☎ 092-712-6123
  • FAX 092-781-5484
  • HP http://www.sinseikan.jp/
  • 802-0022 福岡県北九州市小倉北区上富野5-2-18 富野教会内
  • ☎ 093-967-0321
  • FAX 093-967-0321
Loading...

分類