【本のひろば】2017年4月号

『本のひろば』は、毎月、キリスト教新刊書の批評と紹介を掲載しております。
本購入の参考としてください。
2017年4月号


PDFダウンロード

出会い・本・人

松居直先生との出会い(藤本朝巳)

対談書評

『聖書人物おもしろ図鑑』
日本キリスト教団出版局、(大島力×中野実)

本・批評と紹介

  • 『福音書記者マタイの正体』
    澤村雅史著、日本キリスト教団出版局―(中野実)
  • 『見えない希望のもとで』
    永田竹司著、教文館―(東よしみ)
  • 『新約聖書の学び』
    越川弘英著、キリスト新聞社―(大澤香)
  • 『十字軍とイスラーム世界』
    ロドニー・スターク著、新教出版社―(関沼耕平)
  • 『人生の後半戦とメンタルヘルス』
    藤掛 明著、キリスト新聞社―(藤本満)
  • 『わが主よ、わが神よ』
    竹森満佐一著、教文館―(川﨑公平)
  • 『真実なるものここにあり』
    森田美千代著、創言社―(田中かおる)
  • 『見よ、この方を!―アレテイア 増刊号』
    日本キリスト教団出版局編―(荒瀬牧彦)
  • 本屋さんが選んだお勧めの本
  • 既刊案内
  • 書店案内

編集室から

 一月に急な発熱が続き臥せっていたが、四十度を越えた時点で119番、生まれて初めて救急車に乗り、生まれて初めての入院となった。インフルエンザによる感染症が悪化したらしい。抗生物質を四日間投与し、何とか一週間で退院することができた。ただ発熱による体力の消耗は凄く、筋肉がすっかり落ちてしまった。

 この間、病室は大部屋。苦痛に苛まれながらも、さまざまな体験をした。命にかかわる手術を受ける人(家族とのヒソヒソ話が聞こえてしまう)、「痛くないと言ったじゃないか!」と医師に文句を言う人、排泄のたびに大声で喚く人。皆、明日の自分である。カーテン一枚隔てて寝ていた隣人は、ある臓器を全摘出するという。告知された時の気持ちはどうだったのか、入院する際の心構えはどうだったのか、夜中に目覚めた時、どう思うのだろうか、そんなことを考えながら祈っていた。消灯後は電気をつけられないので「聖書」が読めない。み言葉を暗記していない自分が情けなかった。

 信仰は自分の病いや老いや死を背景にしたとき試される。若い頃は、体にばい菌が入っても白血球が闘ってくれたのに、体の衰えによって免疫が効かなくなる。その現実をじかに体験した。また自分が入院患者になって、病人に対する思いやりも身につけることができた。妻は「神罰が下ったのよ」と言う。そうかも知れない。み言葉の暗記と、「聖書」暗唱への渇望は、神のご催促となった。(寺田)

関連記事

  1. 【特集】「修復的正義」を知るには ▼この三冊!

  2. 【本のひろば】 2019年9月号

  3. 【本のひろば】 2021年1月号

  4. 【本の広場】2020年10月号

  5. 【本のひろば】2014年4月号

  6. 【本のひろば】2013年11月号

書店に問い合わせる

  • 812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東1-11-15 博多駅東口ビル4F
  • ☎ 03-6855-8811(自動音声案内)続けて2-7
  • HP https://www.wlpm.or.jp/shop/
  • 880-0905 宮崎県宮崎市中村西2-10-20-101
  • ☎ 0985-53-5505
  • FAX 0985-53-5505
  • 900-0002 沖縄県那覇市曙3-6-24
  • ☎ 098-868-4406
  • FAX 098-860-3813
  • HP https://biblos-do.jp
Loading...

分類